• 044-223-6300
    間違い電話にご注意ください
  • JR南武線「小田栄」駅より徒歩8分
    JR南武線·鶴見線「浜川崎」駅より徒歩10分
  • 川崎駅より6番乗り場 川崎市営バス [川40系統]
    「渡田小学校前」バス停 下車すぐ

小児診療・予防接種

小児期によく見られる病気・症状

小児診療
  • 風邪
  • 腹痛
  • 下痢
  • 嘔吐

など

風邪

鼻や喉などの上気道にウイルスや細菌が侵入して引き起こされる炎症性の病気です。症状としては、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、咳、のどの痛み、発熱、痰などがあり、冬のみならず、一年中、起こります。通常は1週間ほどで症状は軽くなり、本人の免疫力で自然に治ります。症状が強かったり、長引いたりする場合は当クリニックを受診してください。

腹痛

お子様が訴える症状のうち、なんと言っても多いのが腹痛です。ただし、「おなかが痛い」と訴えていても、実際には胃腸の病変ではない場合も少なくありません。そのため、発熱や他の症状を併発していないかを観察することが大切です。

腹痛の原因は風邪、感染性胃腸炎、便秘などが多いのですが、消化器以外にも、肺炎などの呼吸器疾患、腎尿路の疾患、食物アレルギーなど、さまざまな原因から腹痛を訴えることがあります。腹痛を起こす病気の中には緊急を要するものもありますので、原因のはっきりしない腹痛の場合は、早めにご相談ください。

下痢

乳児は胃腸の機能が不安定なので、よく下痢をします。いつもと変わらずにミルクを飲み、機嫌が良いようでしたら、それほど心配はいりません。ただし、下痢が治まらず、ぐったりとして元気が無いようなケースでは脱水症が疑われます。その場合は、少しずつ水分補給をしてあげてください。それでも改善しないときは点滴による水分補給が必要ですので、早めにご相談ください。

嘔吐

乳幼児は、特段の胃腸の障害がないときでも、ちょっとした刺激で嘔吐することがよくあります。吐いた後もふだんと変わらず、けろっとしているようなら、そのまま様子を見ていれば大丈夫なケースが大半です。但し、繰り返し吐いたり、吐いた後もぐったりしているようなときは胃腸や神経の病気の可能性がありますので、早めにご相談ください。

小児予防接種

当クリニックで行えるこどもの予防接種は以下の通りです。そのほかのワクチンも個別に承ります。2020年5月1日より小児予防注射の接種を開始いたします。
お電話(044-223-6300)でご予約を承ります。

  • ヒブワクチン
  • 小児肺炎球菌
  • 1歳未満のB型肝炎
  • 4種混合ワクチン(DPT-IPV)
  • 麻疹風疹(MR)
  • 水痘
  • 日本脳炎
  • ジフテリア・破傷風(DT)2期
  • ロタウィルス
診療科目
内科・生活習慣病(高血圧、糖尿病、脂質異常症)・
外科・循環器科・消化器科・呼吸器科・腎臓内科・
リウマチ科(女性医師)・健康診断・予防注射・禁煙外来
院長
郷田 素彦
住所
〒210-0853
神奈川県川崎市川崎区田島町23-1
ラヴィーレ浜川崎 1階
TEL
044-223-6300

間違い電話が多く発生しております。番号をお間違えのないようご確認の上おかけください。

最寄駅
  • 川崎市営バス「川40」系統
    「渡田小学校前」バス停 下車すぐ
  • JR南武線「小田栄」駅より徒歩8分
  • JR南武線・鶴見線「浜川崎」駅より徒歩10分
休診日水、日、祝日
小児予防注射は予約制です。お気軽にお電話ください。
診療時間 日祝
9:00~12:00
15:00~19:00
Page Top