• 044-223-6300
  • JR南武線「小田栄」駅より徒歩8分
    JR南武線·鶴見線「浜川崎」駅より徒歩10分
  • 川崎駅より6番乗り場 川崎市営バス [川40系統]
    「渡田小学校前」バス停 下車すぐ

呼吸器

このような症状の方はご相談ください

呼吸器
  • 風邪かと思っていたが、咳や痰が長引いている
  • 熱が続いている
  • くしゃみ、鼻水、鼻づまりがなかなか改善しない
  • 軽い運動でも息苦しい・息切れする
  • いびきがある、呼吸が苦しい
  • タバコが止められない
  • 胸部レントゲン結果に異常がある

など

呼吸器科で扱う主な疾患

  • 風邪症候群
  • 気管支炎
  • 肺炎
  • 気管支喘息

など

気管支炎

気管から肺に向けて左右に枝分かれした部分(気管支)に炎症を来たす疾患です。この部位にウイルスなどが侵入し、増殖することにより、せきや痰、発熱、食欲不振、全身倦怠感といった症状が現われます。みられる場合があります。

原因の多くはウイルス性ですから、根本的な治療薬はありません。そのため、治療にあたっては鎮咳薬や去痰薬、消炎鎮痛薬、解熱剤などによる対症療法が中心になります。

肺炎

主に細菌やウイルスなどの病原微生物が肺に感染して炎症を起こす疾患です。呼吸器の防御機能が病原微生物を排除できなかった場合や、病気やストレスなどのために免疫力が落ちている時など、つまり感染力が防御力を上回った場合に、病原微生物が上気道から下気道、そして肺にまで入り込んで感染し、肺炎になってしまうのです。

肺炎は小児期から高齢者まで罹患することがありますが、高齢者で特に多く見られます。体力が衰えていたり、慢性の病気を持っている方は肺炎に罹りやすく、しかも治りにくい傾向がありますので気を付けてください。

気管支喘息

気管支喘息は、空気の通り道である気道に慢性的な炎症が起こり、「ゼーゼー」「ヒューヒュー」という症状が特徴的な疾患です。気管支喘息の患者さんの気道は過敏になっており、アレルゲンやウイルス、タバコや冷気などによる刺激が加わると、気道は狭くなります。そのため、せきが出たり、息苦しくなったりするのです。

治療に関しては、主にアレルギーの原因を除く環境整備を行い、喘息治療薬を適切に用います。治療薬には、発作を予防するための治療薬と、発作時に症状を鎮めるための治療薬があります。

診療科目
内科・生活習慣病(高血圧、糖尿病、脂質異常症)・
外科・循環器科・消化器科・呼吸器科・腎臓内科・
リウマチ科(女性医師)・健康診断・予防注射・禁煙外来
院長
郷田 素彦
住所
〒210-0853
神奈川県川崎市川崎区田島町23-1
ラヴィーレ浜川崎 1階
TEL
044-223-6300
最寄駅
  • 川崎市営バス「川40」系統
    「渡田小学校前」バス停 下車すぐ
  • JR南武線「小田栄」駅より徒歩8分
  • JR南武線・鶴見線「浜川崎」駅より徒歩10分
休診日水、日、祝日
小児予防注射は予約制です。お気軽にお電話ください。
診療時間 日祝
9:00~12:00
15:00~19:00