• 044-223-6300
  • JR南武線「小田栄」駅より徒歩8分
    JR南武線·鶴見線「浜川崎」駅より徒歩10分
  • 川崎駅より6番乗り場 川崎市営バス [川40系統]
    「渡田小学校前」バス停 下車すぐ

外科

当クリニックの外科について

外科

当クリニックの外科では、日本外科学会専門医・指導医である院長が中心となり、打撲や切り傷、擦り傷、やけどをはじめ、スポーツなどで生じた外傷、爪のトラブルなど、外来の診察室で実施可能とされる様々な怪我や病気の治療を行っております。

このような症状のかたは外科受診を

  • 転倒などによって皮膚が擦りむけた
  • 刃物で指などを切ってしまった
  • 皮膚にトゲや釘が刺さった
  • 転んで関節(膝など)をひねった
  • 骨や筋肉の痛みが収まらない
  • 皮膚におできなどが出来た
  • 床ずれが治らない
  • やけどをした
  • 爪の端が皮膚に食い込んで痛い
  • 手術後の体調が芳しくない

など

当クリニックで扱う主な怪我

  • 切り傷
  • 擦り傷
  • やけど
  • 打撲
  • 捻挫

など

切り傷

刃物やガラスなど鋭利な物によって体表が切れてしまった怪我です。傷口が鋭く切断されているので、周辺組織への影響が少ないのが特徴です。応急処置としては、まず出血を止めます。患部を生理食塩水や水道水でよく洗い流してから傷口に清潔な布などを当て、手や包帯で圧迫するのです。傷が深い場合、痛みが強い場合、傷口に異物が混入している場合は、医療機関での治療が必要ですので、お早めに医療機関を受診して下さい。

擦り傷

転んで硬い地面に擦ったときなど、皮膚の表面が削れて生じる外傷です。出血がひどいときは、切り傷の場合と同じように止血します。一般的には傷が浅めのことが多いのですが、広範囲に及んでいたり、痛みがなかなか治まらないときは、細菌感染の可能性がありますので、医療機関で治療を受けるようにします。

やけど

やけど(熱傷)は、火や高温の物体(熱湯の入ったやかんなど)に接触することによって起こる皮膚の損傷です。皮膚の表面が赤く腫れる、痛みを生じる、水疱ができる、などの症状が見られます。軽度の場合は炎症を抑える外用薬などでほとんど後遺症を残さずに治せますが、広範囲に及ぶ熱傷は、重度の感染症などを引き起こし、命に関わることもあります。

やけどを負ったときは、すぐに流水で患部を冷やし、損傷部位が皮膚の奥にまで進行しないようにします。症状によっても異なりますが、水道水で5~30分ほど冷やすと良いでしょう。但し、小児や高齢者の場合は、低体温症を起こすおそれがありますので注意が必要です。

冷水で応急処置を行った後は、患部の状態などによって医療機関を受診するようにします。やけどによる瘢痕を防ぎたい方は、症状が軽かったとしても、お早めに受診しておくことが望まれます。

打撲

転倒して硬い地面にぶつかったり、鈍器に当たったりしたときなど、強い衝撃によって皮膚の下が内出血して痣などが出来ることがあります。このような「打撲」の多くは、数日~1週間ほどで軽快するのですが、なかには内臓や骨に深刻なダメージが及んでいるケースもあります。特に、頭部や胸部、腹部に打撲を受けて異変が生じたときは、医療機関で必要な検査と治療を受けるようにして下さい。

診療科目
内科・生活習慣病(高血圧、糖尿病、脂質異常症)・
外科・循環器科・消化器科・呼吸器科・腎臓内科・
リウマチ科(女性医師)・健康診断・予防注射・禁煙外来
院長
郷田 素彦
住所
〒210-0853
神奈川県川崎市川崎区田島町23-1
ラヴィーレ浜川崎 1階
TEL
044-223-6300
最寄駅
  • 川崎市営バス「川40」系統
    「渡田小学校前」バス停 下車すぐ
  • JR南武線「小田栄」駅より徒歩8分
  • JR南武線・鶴見線「浜川崎」駅より徒歩10分
休診日水、日、祝日
小児予防注射は予約制です。お気軽にお電話ください。
診療時間 日祝
9:00~12:00
15:00~19:00